脱毛して脚を出すことに抵抗がなくなった!

shutterstock_210599278脱毛処理は夏だけ・・という方もいらっしゃるかと思いますが、寒い冬でも室内に入れば腕や脚がちらりと見えるファッションをしているときはムダ毛が気になりますよね。

冬だから厚着して見えないから大丈夫だと油断してムダ毛のお手入れをしていないときは、朝の洋服選びで、腕や脚が少しでも見えるようなファッションをするのをあきらめたりした経験をされたことはないでしょうか。オールシーズンムダ毛を気にしなくても良くなる脱毛のおすすめ部位は、両腕と両脚と脇です。

特に露出する機会が多いひじ下とひざ下だけでもやっておくと、急に半袖になったり、半端丈のパンツを履くときも「まずい、毛が生えているのがバレちゃう・・」とならないので安心です。

もし、二の腕や太ももをあまり出さないという方であれば、ひじ下とひざ下だけでもやるとお手軽でとても快適になるかと思います。レーザー脱毛なら脇と両腕と両脚をやっても1時間かかりません。

専用の機械で肌に光を当てて脱毛するのですが、ほとんど痛みはありません。

毛が太いところは少しチクッとしますが、気になるほどではありません。また、施術後も特にヒリつきや炎症など肌のトラブルがないので安全だと思います。

私が通っているミュゼプラチナムでは1年前に機会がリニューアルされたそうで、施術スピードが大幅にアップしました。脇であれば1ショットずつで完了します。1分もかかりません。施術スピードがアップしたおかげで、より多くのお客さんに対応できるとのことで、予約が取りやすくなりました。

行きたいときにすぐに行けるようになったのはストレスがないですね。実際、脱毛を始めてからムダ毛のお手入れをする回数が激変して、楽になりましたし、埋没毛だった肌の状態もスベスベになったので、もっと早く行っていれば良かったと思いました。

最近では数年前に比べて料金も安くなっているので、気軽・お手軽にできるのも良いですね。

脱毛で美意識アップ!この夏に自信を付けよう!

■脱毛サロンのメリット

夏といえば、楽しいイベントがありますね!肌の露出が増える分、女性がとくに気にしているのは…ムダ毛の処理ではないでしょうか。今回は、脱毛サロンのメリットについてお話ししていきます。

まず、脱毛サロンはとても清潔感があり、サポートしてくださるスタッフさんもとても親切で、穏やかです。私自身、脱毛サロンを四店舗ほど通いましたが、どのサロンのスタッフさんも大変好印象でした。

全身の脱毛やワキ、デリケートゾーンなど他人に恥ずかしい姿を見られてしまうので、安心感を与えるためにも丁寧な接客を心掛けているのかもしれません。

次に料金ですが、近年脱毛サロンの増加により各社大幅な金額ダウンをしています。大手脱毛サロンでは、ワキ脱毛だけでも数百円、という驚くべき金額がキャンペーンとして出されています。価格競争が激しい分、何か怪しいことでもされるのでは・・・?

と思われる方もいるかもしれませんが、ご安心ください。本当に、ワキ脱毛が、破格で行えるのです。オススメ商品やオススメのキャンペーンなどは紹介されることはあるかもしれませんが、強制ではないのでご安心を♪

■えりあし脱毛で浴衣やアップヘアーに自信を持とう

私は、小さい頃から長く濃いえり足が大のコンプレックスでした。浴衣を着てもアップヘアーが恥ずかしくてできない、飲食店のアルバイトは髪を結ぶことが憂鬱で避けていました。

大学に入学をして、脱毛サロンを知りコンプレックスを解消するために、全身脱毛とオプションでえり足脱毛をすることに決めました。当初は、脱毛も高額で、大学生のアルバイト代でコツコツと返済していたのを覚えています。

えり足脱毛は、ワキ脱毛やVIOのように多少の痛みはありましたが、我慢できる程度です。今のマシンは、痛みもかなり軽減されていますよ。回数は6回程、回数を重ねていくごとに毛が薄くなっていきました。

痛みも5回目ぐらいになると、ほぼ感じないほどです。あっという間に照射は終わります。私は6回でも十分効果を得られました。今では、アップヘアーをすることが楽しくて、浴衣も美しく着られるようになりました。

そして、友達の結婚式や就職活動などにも髪を上げる場面は多々あります。友達にも「うなじが綺麗だね」と褒められたり!嬉しいことに脱毛は美肌効果も得られます!脱毛サロンのおかげで、私は夏のイベントを大満喫しています。

海に、浴衣…どの場面でも肌を露出させることに抵抗はありません。脱毛をすることで、大きな満足感と自信を得ることができました!脱毛サロンは、本当にオススメです。夏に向けてキレイに、そして自信も美肌も手に入れましょう!
脱毛のあとは、もっときれいになるために、coyori 口コミ見たいな感じで使ってスキンケアしませんか?